ポリシー

建てた家に合わせた暮らしをするのではなく、暮らしに合わせて家をつくるべき。
これが、浄法寺工務店の考え方。

家づくりの考え方

譲れないものは何だろう

譲れないものは何だろう

あなたの今の生活で、譲れないものは何でしょう。時間のゆとり、家族とのコミュニケーション、自然との触れ合い、自分の世界…。忙しい毎日の中で、このようなことをじっくり考えることはないかもしれませんが、家を建てる時には「どんな暮らしをしたいのか」といった明確なビジョンを持つことが大切です。これは、家づくりをする上で大きな意味を持っています。

家族が快適に暮らすために

家族が快適に暮らすために

心やからだの望むとおりの条件が満たされて、とても気持ちのよいことを「快適」といいます。当たり前と思われるかもしれませんが、これがなかなか難しいのです。家づくりで絶対に避けたいのは、「要望が伝わらないままできてしまった家に、自分たちの暮らし方を合わせていく」というパターン。これでは、“快適な生活”とはいえないのではないでしょうか。そうではなく、「こういう暮らしをしたい」というお客様の要望にあわせて、家が作られるべきです。

遠慮は禁物

遠慮は禁物

誰にでも「こんなふうになったらいいな」という思いがあると思います。しかし、そんな思いを心の中に留めたまま、我慢していませんか?「こんなことを聞いたら恥ずかしいのでは…」「わからないからお任せします」と遠慮するのではなく、ぜひとも相談してほしいと思います。ご要望が実現できるものかどうかは、まだ考えないでください。何でもおっしゃってください。お客様の自由な発想から、よりよい機能やよりよいデザインがたくさん生まれています。

浄法寺工務店の家づくり

「こうしたい」を実現するために

暮らしに対しての明確なビジョンを持つことが大きな意味を持つ、とお話ししました。ところが、家づくりの際に避けて通れないのが予算の問題。予算の都合で(とても残念ですが…)幾つかの夢は叶わないかもしれません。
そういった場合のために必要なのが、「ご要望の優先づけ」です。お客様のどうしても「譲れないもの」を実現する空間に、優先的に予算をかけてみてはいかがでしょうか? 素材にこだわったお気に入りの空間があったり、快適に使える動線を意識したりすることで、家は必ず、お客様にとって居心地の良いものとなります。
夢をためらっているお客様も、遠慮せずに当社設計担当者までご相談ください。

要望を生かした一点ものの家づくり

要望を生かした1点ものの家づくり

私たちは仕事柄、たくさんの物件を見てきました。だから、「こうであるのが当たり前」という既成概念が作られがちです。しかし、それを自覚しているからこそ、お客様のご要望に対し、この既成概念を当てはめてしまわないよう心がけています。ひと家族ごとに叶えたいご要望が違うためです。理想的な家をつくるカギは、お客様自身が持っているのです。ご要望をしっかり受け止めてプランニングし、まさに一点ものの家づくりを実現します。

まずはご相談ください、提案もします

これまでリフォームのご要望では、暖かく・広く・きれいにして「まったく新しいものへ」というものが大半でしたが、最近では「今あるものを生かして」という声も聞かれます。
お客様が「まだ小さかった頃につけた傷が残る柱はそのまま利用したい」とか。
いずれも、相談していただいたからこそ実現できることなのです。相談いただくからこそ、提案することもできます。新築もリフォームも全く変わりはありません。お客さまのご要望が第一です。
まずは、お客様のご要望を何でもお気軽にご相談ください。

電 話:0176-54-3879
メールでのお問い合わせはこちら